ほっきょんのブログ

ギャルゲレビュー用。★★★☆以上で名作

作品紹介;マリア様がみてる

ごきげんよう。ほっきょんです。

今回はアニメ化もされたコバルト文庫小説『マリア様がみてる』の作品を紹介します。

  1. 作品概要
  2. 用語解説
  3. 登場人物紹介

f:id:hokkyo:20191221002150p:plain

今回はネタバレありません。

1.作品概要

マリア様がみてる』は山百合会と呼ばれるリリアン女子学園の生徒会の物語である。主人公の福沢祐巳とその姉の小笠原祥子を中心に乙女たちの日常と成長を描く。 

f:id:hokkyo:20191221011318j:plain

 

2.用語解説

山百合会(やまゆりかい)

f:id:hokkyo:20191221004812p:plain

リリアン女学園の生徒会の名称。

役員は3人の生徒会長で構成され、それぞれ紅薔薇さまロサ・キネンシス)、白薔薇さまロサ・ギガンティア)、黄薔薇さまロサ・フェティダ)と呼ばれている。3人だけでは手が足りないため、手伝いとして薔薇さまの妹である薔薇のつぼみ、さらには薔薇のつぼみの妹が常時働いている。

 

姉妹(スール)制度

f:id:hokkyo:20191221004707p:plain

上級生が下級生にロザリオを授けるリリアン女学園高等部特有の慣習で、学園生活を規律正しく円滑に過ごすために、指導者役になる上級生が下級生と「姉妹」になる約束をすること、またその約束をした人物。

上級生、下級生いずれも1対1で行うものであり、複数の「姉」、「妹」を持つことは出来ない。そのため、「スール関係にある」=「特別に親しい」とみなされる。

 

3.登場人物紹介

登場人物のレビューは他の記事でやろうと思うので今回は紹介のみ。

紅薔薇ファミリー

福沢 祐巳(ふくざわ ゆみ)

紅薔薇のつぼみの妹(原作1巻)→紅薔薇のつぼみ(原作9巻〜)

f:id:hokkyo:20191221005619p:plain

本作の主人公。物語開始時点で高校一年生。

本人曰く、容姿も中身も成績も普通で特に目立ったところのない普通の女の子。

ひょんなことから小笠原祥子に姉妹の申し込みをされ、それがきっかけで山百合会の一員となる。

 

小笠原 祥子(おがさわら さちこ)

紅薔薇のつぼみ(原作1巻)→紅薔薇さま(原作9巻〜)

f:id:hokkyo:20191221005859p:plain

祐巳の姉。物語開始時点で高校二年生。

全校生徒の憧れの的である紅薔薇のつぼみであり、祐巳の憧れの相手。

生まれながらのお嬢様で、自分にも他人にも厳しい真面目な性格。

男嫌いな一面があり、それがきっかけで祐巳に姉妹の申し込みをすることになる。

 

水野 蓉子(みずの ようこ)

紅薔薇さま(原作1巻〜8巻)

f:id:hokkyo:20191221010002p:plain

祥子の姉であり、祐巳のおばあちゃん(姉の姉)。物語開始時点で高校三年生。

根っからの真面目な優等生で、実質的な山百合会のリーダー。

妹である祥子をたった一言で操れるが、祐巳にとってはとても優しいおばあちゃんである。

 

黄薔薇ファミリー

島津 由乃(しまづ よしの)

黄薔薇のつぼみの妹(原作1巻)→黄薔薇のつぼみ(原作9巻〜)

f:id:hokkyo:20191221010157p:plain

祐巳の同級生。物語開始時点で高校一年生。

心臓が弱く、周囲から病弱で儚げなイメージを持たれている女の子。

しかし本当は攻撃的で嫉妬深い性格。実際の従姉妹であり姉である令のことになると周囲が見えなくなる。

山百合会では同じ薔薇のつぼみの妹ということもあり、祐巳の一番の親友。

 

支倉 令(はせくら れい)

黄薔薇のつぼみ(原作1巻)→黄薔薇さま(原作9巻〜)

f:id:hokkyo:20191221010808p:plain

由乃の姉。物語開始時点で高校二年生。

由乃とは実際の従姉妹でもある。剣道部に所属していて、背の高い容姿とベリーショートの髪型からミスターリリアンの異名を持つ。

その異名とは裏腹におかし作りや編み物が趣味など女の子らしい一面を持っている。

 

鳥居 江利子(とりい えりこ)

黄薔薇さま(原作1巻〜8巻)

f:id:hokkyo:20191221010854p:plain

令の姉。物語開始時点で高校三年生。

器用な性格で、どんなことでもそつなくこなせてしまう。

一方で変わり者好きで、男の子のような容姿の令を妹にしたり、一目惚れで化石発掘が趣味の高校教師に交際を申し込むなど周囲が想像できない行動を起こす。

 

白薔薇ファミリー

藤堂 志摩子(とうどう しまこ)

白薔薇のつぼみ(原作1巻)→白薔薇さま(原作9巻〜)

f:id:hokkyo:20191221011032p:plain

祐巳の同級生。物語開始時点で高校一年生。

ウェーブのかかった髪型が特徴。穏やかでおっとりしているが、芯の強い女の子。

二学年上の姉を持ったことにより、二年生から白薔薇さまとなる。(そのため、同級生の祐巳由乃とは立場が少し異なる)

 

佐藤 聖(さとう せい)

白薔薇さま(原作1巻〜8巻)

f:id:hokkyo:20191221011043p:plain

志摩子の姉。物語開始時点で高校三年生。

人懐こい陽気な性格の持ち主で、孫(妹の妹)を持たない代わりに二学年下の祐巳を溺愛して可愛がる。

 

二条 乃梨子(にじょう のりこ)

白薔薇のつぼみ(原作10巻〜)

f:id:hokkyo:20191221011052p:plain

志摩子の妹。物語当初は登場しておらず、原作9巻から登場する。

志望校を受験することができず、不本意ながらリリアン女子学園に入学した女の子。

仏像愛好家でありながらカトリック系のミッションスクールに通う自分のことを「逆・隠れキリシタン」と呼んでいる。